不動産物件で迷っているならココをチェックしておこう

不動産の処分の方法

積み木

困った場合の対処法

不動産を所有していると相続などで処分に迫られるケースが多々あります。しかし、そのような場合に困ったことになるのが借地のうえに建っている建物を相続することです。建物そのものの所有権はあるものの、土地については所有者が別にいて借地権が設定されていることが通常です。そうなると処分するためには借地権付きの中古戸建として売却するしかなく当然に買い手が付きにくく価格も低くなりがちです。不動産業者に相談しても色よい返事がもらえないこともあり途方に暮れてしまうこともあるでしょう。そのような場合に相談する業者が経験豊富な場合には底地権との同時売却を提案されることがあります。これは、土地の所有者も借地権付きの土地を持っていてもしかたないので処分を希望しているときに有効な方法になります。借地権と底地権をまとめて買主に売却する方法です。売主が2人になり交渉が複雑になるので買主が渋るケースもあります。しかし、買ってしまえば所有権となるので値段を少し下げて売却に出せば意外とすんなり話がまとまるかもしれません。ただし、土地の所有者が売却を望まなければ話が始まらないので、まずは相談してみるのがよいでしょう。一方、人気のエリアに借地がある場合には、借地権だけを売却するという手段も検討の余地があります。所有権だと高すぎて売買が成立しないようでも割安の借地権であればどうしてもその場所に住みたいという方が購入することが考えられるためです。まずは、どういった方法が有効か業者に相談されてみるといいでしょう。